携快電話で携帯からスマホへデータ移行!

スマホデビュー!予期せぬ障害が待っている!

 

遅ればせながら、スマホデビューをしました。
今までは、時代の流れに逆らって、パカパカと二つに折る携帯電話を使っていました。
でも、周りの若い方が当然のようにスマホを持ちだして、何やら楽しそうで便利そうで、
私も携帯電話からスマホへ切り替えてみたんです。

 

息子からも、ガラケーなんて使っているのは、今どきあり得ないなんて言われてましたので、
しっかりとスマホを使いこなして、鼻をあかしてやろうと思っていました。

 

しかし、携帯からスマホに変えるとき、
データ移行が大きな障害になるとは思っていませんでした。

 

携帯電話の機種変は何度もやったことがあります。
その度に、電話帳データの移行を販売店の方にやってもらったんですが、
スマホへの移行はお店ではやってもらえなかったんです。

 

話では、携帯からスマホでもデータ移行をしてくれるお店もあるようなのですが、
私が行ったところはハズレだったのでしょう。。。
購入前は愛想よく対応してくれていたのに、購入後にデータを移行したいと言っても、
「生憎うちではやってないんです」とあしらわれてしまいました。

 

携帯電話に登録されている500件以上の電話帳データ。
これをスマホに手で入力していくしかないのか。。。
スマホの入力は慣れが必要らしいから、ちょうどいいかもしれないな。

 

半ば諦めているとき、息子が信じられないようなデータ移行方法を教えてくれました。

携快電話なら、スマホにデータ移行できる。

 

軽快電話というパソコンのソフトを使えば、
携帯電話からスマホにデータを簡単に移せるようです。

 

電話帳データだけ移行できると思っていたのですが、
電話帳だけではなく、メール、ブックマーク、音楽、動画、写真。
他にももろもろのデータが移行できるんです。

 

携帯の中にあるほとんどすべてのデータが移行出来る!
これは凄いですね。
購入先を調べて、携帯電話とパソコンを繋ぐケーブルと一緒に購入してしまいました。
スマホ本体の代金に比べたら、大した額ではなかったです。

携帯からスマホへのデータ移行作業とは

 

データ移行と聞いて、そんな難しいことができるのかと心配でした。
だって、今までは携帯電話販売店の方が専用の機械でやっていたのです。
それを自宅のパソコンでできるのか?

 

息子にすべて任せるのが一番確実だったのですが、
携帯電話の中には、見られたくない写真もありまして、
ここは自分の力でデータ移行をする必要がありました。

 

軽快電話のCD-ROMをパソコンに入れると、
自動的にインストールが始まりました。
選択肢などはいじらずに、「次へ」をクリックしていけば、
インストールが無事に終わりました。

 

軽快電話を起動して、パソコンと携帯をケーブルに繋げば、
軽快電話が勝手に、携帯の情報を認識してくれます。

 

バックアップできる項目を選択できるのですが、
せっかくデータ移行できるのですから、私は全部の項目を選択しました。
そして、「バックアップ」ボタンをクリックすると、携帯電話のデータがパソコンに保存されます。

 

保存完了のメッセージが出たら、
パソコンと携帯の接続を外して、代わりにパソコンとスマホをケーブルに繋ぎます。
こちらも自動的に、スマホの情報を読み取ってくれているようで、
とくに私が操作をするようなことはありませんでした。

 

ここがちょっとわかりづらかったのですが、
パソコンに保存されたデータをスマホに移すことを「リストア」といいます。
この「リストア」ボタンをクリックすれば、携帯電話にあったデータが、スマホに転送されます。

 

以上、携帯電話からスマホにデータを移行する作業でした。
なんとか、息子に携帯のデータを見られずにデータ移行を完了することが出来ました。

携帯に眠る資産を捨てるのはもったいない

 

長年愛用してきた携帯電話。
なにも、外観だけに愛着が湧いているわけではありません。

 

家族からの嬉しいメール、驚いたメール、
思い出の写真、照れくさい動画、
お気に入りのブックマーク、せっかく購入した音楽。

 

スマホに変えるという理由で、大切なデータを捨ててしまうのはあまりにももったいない。
軽快電話を使えば、簡単にデータ移行ができるので、
もしも、機械音痴な方でも、試してみる価値はありますよ。

 

軽快電話の公式ページはこちらをクリックしてください。